犬のドライアイの治療

目の病気のことへ

には 目を乾燥から守る・角膜へ酸素や栄養を補給する・きれいに物を見る・汚れやゴミを洗い流す などの働きがあります。

ドライアイは涙の量が減ったり、質が悪くなったりすることで目ヤニや充血などの症状が見られるようになら病気です。今回は犬のドライアイの治療についてのお話しです。(ドライアイの症状はこちら)

涙は油層、水層、ムチン層で構成されています。それぞれが大切な役割を担っており、3つの成分が、「涙」としての役割りを果たします。

油層

水分層

ムチン層

油層

涙の油分はマイボーム腺というまぶたの分泌腺から分泌されます。まぶたの縁にある小さな白い点がその開口部になります。

マイボーム腺の状態は次のように確認します。

スリットランプ検査でまぶたのマイボーム腺開口部周囲の観察

・マイボーム腺を圧出して分泌物の性状確認

分泌物の状態が悪くなる(写真のように白っぽく濁る)と、目ヤニ・涙などのトラブルが多くなります。この状態をマイボーム腺機能不全といいます。

マイボーム腺の状態を整えるために以下の治療を実施します。これらの治療は組み合わせて行うことが多いです。

眼瞼を温めてマッサージ・清拭を行う。マイボーム腺の詰まりをとり、まぶたの状態を整えます。

ご自宅でできるまぶたのケア方法があります。マイボーム腺のケア方法をお読みください

マイボーム腺にたまった油を絞り出す(動物病院にて処置を実施)

点眼薬や内服薬でマイボーム腺の状態を整える。抗生剤を用いた治療になります。

水層

犬の涙(水層)はシルマー・ティア・テスト(STT)で確認します。STTは犬のドライアイの検査では一般的な検査です。数値が低いと、涙が少ないドライアイと診断します。

涙の代わりの目薬

涙の代わりの目薬 

・ヒアレイン0.1%

・ヒアルロン酸ナトリウムPF点眼液

・ヒアレインミニ0.3%

・ソフトサンティア

・マイティア

涙が少ない時に最初に処方される目薬です。いくつかありますので、それぞれの特徴をご説明します。

アルロン酸ナトリウムには、水分を保持し、角膜の小さな傷を修復する作用があります。

ヒアレイン0.1% 

ヒアルロン酸ナトリウム0.1%

一般的な点眼薬です。様々なメーカーから発売されています。ヒアレインは商品名です。

防腐剤添加、扱いやすいです。

ヒアルロン酸ナトリウムPF 

ヒアルロン酸ナトリウム0.1%

防腐剤無添加

パッケージが独特(PF容器)なので、必ず使用方法を確認してから使用するようにしてください。慣れれば大丈夫ですが、点眼する時に力が必要です。

使用期限 4週間

PF点眼液の説明はこちら

/https://www.rohto-nitten.co.jp/documents/pf/

ヒアレインミニ0.3% 

ヒアルロン酸ナトリウム 0.3%

防腐剤無添加

使いきりタイプ  使用期限 当日中

ソフトサンティア  

人工涙液 

涙に近い成分のため、低刺激。

有効成分は入っていないので洗い流し用の目薬として使用可能。

防腐剤無添加

使用期限 10日間

ソフトサンティアは市販もされています。

⚠️市販されているペット用・ヒト用の目薬の中にはドライアイや角膜潰瘍の時に使用してはいけない目薬があります。ペットショップやオンライサイトで購入した目薬を使用する場合には必ず獣医師に確認をお願いします。

涙をつくる目薬

ペット自身の涙(水)を作るようにする目薬です。涙は涙腺・瞬膜腺から分泌されます。ドライアイ治療薬は腺組織を刺激して、涙の分泌を促します。数週間で良くなることもありますが、治療の効果が出るまで数ヶ月程度かかる事もあります。その間は目薬を継続する必要があります。

ドライアイは生涯に渡っての治療が必要になります。良くなったからと途中で治療をやめてしまう(目薬を中止する)と、再び涙の量が減り、症状が再発する事が多いです。調子が良くても治療を継続するようにしましょう。

ドライアイ治療薬として眼軟膏、オイル、目薬などを使用します。いずれも免疫抑制剤を点眼液として使用するために、使用に当たっては十分に注意する必要があります。これらの点眼薬は価格も高価になり、長期使用時の注意点もあります。

点眼薬の種類・回数などは獣医師と十分に相談の上、使用するようにしてください。点眼中はしっかりご様子を見ていただくようにお願いします。

ムチン層

ムチンは涙の膜を安定させる役割があります。涙の安定性はフルオレセイン染色液を用いて涙液層破壊時間(BUT)などで確認します。

ムチンが足りないタイプのドライアイでは、現在2種類(ジクアス点眼液、ムコスタ点眼液)の目薬の使用をご提案しています。

これらの点眼薬は刺激があったり、少し目ヤニが増えたりすることもあります。使用開始時は目の様子を見ながら点眼するようにしましょう。

ドライアイの治療について

犬のドライアイは非常に多い病気です。

目薬についてのページお読みいただき、正しく目薬を使用するようにお願いいたします。

目薬の治療を行うことにより、目やになどの症状をよくする事ができます。 

ドライアイかなと思ったら、是非ご相談ください。

目のびょうきのこと へ