白内障と核硬化症

目の病気のことへ

ペットの目が白いと思ったら

「うちの子、目が白くなったので白内障だと思います。」白内障は目が白く濁ったように見える病気で、心配される飼い主様も多いです。

犬や猫の目が白くなった時、本当に白内障なのでしょうか。目には角膜・前眼房・水晶体・硝子体と、本来透明であるべき組織が存在します。そのいずれかが混濁すると、白く濁ったように見えます。混濁部位や、その原因により対処方法は大きく変わってきます。しばらく様子を見ていても大丈夫な状態の事もあれば、すぐに対応した方がいい病気のこともあります。

ペットの目が白く見える時には、動物病院で検査を受けるようにしましょう。スリットランプ検査で目のどこが濁っているのかを確認することができます。

白内障と核硬化症

白内障によく似た症状として、核硬化症があります。どちらも水晶体が混濁し、目が白く濁ったように見えます。

白内障
核硬化症

白内障は病気ですが、核硬化症は加齢性の変化です。

核硬化症 水晶体の核(真ん中)が白っぽく見えるようになります。犬や猫では8〜10歳以降に認められることが多いです。私達が老眼になるように、ペットの目も歳をとります。核硬化症は病気ではないので、視力は保たれます(光が目の奥まで届きます)。定期的に経過観察を行い、他にトラブルが起こらなければ治療の必要はありません。

水晶体の検査

・スリットランプ検査

・眼底検査

✳︎必要であれば散瞳検査(瞳を開く目薬を使います)、超音波検査、網膜機能検査

白内障 水晶体が混濁する病気です。原因は様々で先天性、炎症性、代謝性、外傷性、加齢性などがあります。白内障の初期は視力に影響はありませんが、進行すると見えにくくなったり、見えなくなったりする病気です(光が目の奥まで届かなくなります)。また、眼球内の炎症を引き起こし(水晶体起因性ぶどう膜炎)、緑内障などの重篤な合併症につながる可能性があります。白内障を早期に気がつくことで、目薬などを用いて合併症をある程度予防できる可能性があります。

ヒトと同じようにペットの白内障は外科的な治療が必要になる場合があります。

ペットの視力に不安がある場合や、目が濁っているのではないかと心配な場合は、動物病院で目の検査を受けることをお勧めします。

目が白いかもと思った時は、見えににくくないか、目が赤くないかも観察してみください。

KOIRA KISSA Pet Clnic