目薬のトレーニング

目薬が苦手な子は多いです。無理に行うと、どんどん目薬が嫌いになり、目薬がさせなくなってしまいます。

もし、ペットが目薬を嫌がるようでしたら、フードやおやつを使ったトレーニングをしてみましょう。時間はかかりますが、すぐに取りかかれるトレーニング方法をご紹介します。トラブルがない時や子犬の頃から行うとより効果的です。

必要なもの

 目薬(人工涙液や、ヒアルロン酸ナトリウム点眼液など)・空の目薬の容器でも可

 大好きなおやつ・フード

ご褒美は 

その場で すぐに 一口 あげることがとても大切です 

ご褒美は一口サイズで十分に効果があります。※食事制限がある子はいつものフードを一粒使ってみてください。

トレーニングのやり方

ペットの目の前に座って目薬の容器を見せます。見せたら必ずご褒美をあげます。

目薬🟰ご褒美と覚えてももらうことが目的です。続いて目薬の容器のキャップを開けて、同様にご褒美をあげます。

目薬を持ったまま頭を頭を撫でます

目薬を持っていない方の手でペットのアゴに触ります

目薬を持った方の手でペットの目の周り(ほっぺや頭など)を触ります

上のまぶたをひき上げて目薬をさすふりをします

step5までは実際に目薬はさしません。各stepの動作が少しでも出来たら、ご褒美をあげてください。

最後に実際に目薬をさします。うまくいってもいかなくても必ずご褒美をあげましょう。

このトレーニングは焦らず、ゆっくりと時間をかけて行います。まずはstep1から、根気よくできることを繰り返し行いましょう。

実際に目薬をさす時は、以下の事を心がけてください。

・冷たい目薬をささない(冷たいとしみます)

・目薬を目の後ろから持ってくる

・上まぶたを少し引き上げて結膜(白目)に点眼する

正しい目薬の使い方はペットの目薬をご覧になってください。